五十肩

           五十肩

中年以降に多く、正式には肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)
といいます。四十代・五十代に多いために四十肩、五十肩と呼ばれています。
加齢や、使いすぎにより肩関節の周りの関節包(かんせつほう)や
その内側の滑膜(かつまく)、腱や腱板(けんばん)、滑液包(かつえきほう)
が変性したり、部分的に断裂したりしているところに、何かのきっかけで
炎症が起こります。片側だけに起こるのが特徴です。


・症状

    片側の肩が痛くなり、腕が上げられない。服の着たり、脱いだりが出来ない。
  背中に手が届かない、髪をとかしたり洗ったりしにくい。
    肩の周りを押すと痛みを感じる。急性の場合は夜間に痛くて寝れない
  などの症状を呈します。
  

・原因

    肩関節の周囲の組織や、筋肉が弱っていたところが何かしらの刺激や
  衝撃を受けることで炎症が起こって痛みが出る。

・治療

    急性期・・症状が強く出ることが多く、安静・冷却・固定をし、
       痛みが落ち着いて来てから運動療法を取り入れていきます。
       急性の場合には1ヶ月近く痛みが続く場合がありますので
       早期に運動は控えたほうが宜しいです。

  慢性期・・強い痛みが消え、肩の可動範囲が狭くなっているので
       この時期から肩を動かすトレーニングして行きます。
       必要に応じて首の調整をして行きます。



       五十肩でお悩みの方、お気軽にご相談ください。

このページの先頭へ