むち打ち

むち打ち

むち打ちは、正式には頸椎捻挫と言いますが、一般には、むち打ち症
(鞭打ち症、むちうち症)、または、むち打ち損傷と呼ばれています。
我々の体の上にやや不安定な状態で乗っている頭部が、自動車事故や、
激しいスポーツ(ラグビーや柔道)などで強い衝撃により、むちを振り回す
ような動きを強いられることで、様々な症状が出現する疾患です。


むち打ちは、首の筋肉や靭帯、関節、時には神経を痛めたことで、首や肩、
背中に痛みが走り、持続する症状を指します。首の周りには神経が多く有り、
自律神経のバランスを崩すと吐き気・めまい・耳鳴り・シビレ・かみ合わせ
などの症状を引き起こします。


ムチウチの分類
・頚椎捻挫型=肩が重い、首の筋肉の痛み
・自律神経障害型=肩こり、頭痛、吐き気、耳鳴り
・神経根損傷型=腕の強い痛み



       むち打ちにはこんな治療をします


むち打ちは、交通事故などにあったその日は、ほとんど症状は現れず、
翌日あたりから首筋、背中、肩のこりや痛み、耳鳴り・頭痛・めまい
吐き気・食欲不振などの症状が出てきますので、交通事故から2日間は
安静・冷却・固定などを行います。その後、症状を診ながらバランス療法で
全身の筋肉・骨格を調整してバランスを整えていきます。
調整することにより、神経の流れ・血液の流れがよくなり、自然治癒力を高め、
症状を改善していきます。


むち打ちでお悩みの方、お気軽にご相談ください。




交通事故に関する豆知識

「自賠責保険」とは?
自動車損害賠償保険(自賠責保険)とは、公道を走るすべての自動車や
バイク(原付含む)に加入が 義務づけられており、一般に「強制保険」と呼ばれています。

交通事故の被害者が、泣き寝入りすることなく最低限の補償を受けられるよう、
被害者救済を目的に国が始めた保険制度です。
被害者の保護を目的としているので、本来は保険の契約者である加害者が保険金の
請求を行うのですが、被害者も自賠責保険に対して請求できます。被害者が請求を
行う場合は保険金の請求では なく損害賠償の請求と呼ばれますが、
被害者にとっては同じ金額が補償されます。
自賠責保険(交通事故治療)による治療費の請求はすべて当院で代行させて頂きます。
患者様の手続きの煩わしさはありません。

 

治療費について
示談をする前であれば、患者様の負担はありません。実費0円です。

補償について
1. 治療費
2. 交通費(通院のための)
3. 休業損害費(自賠責保険基準で1日5700円~19000円)

慰謝料について
交通事故の被害者になってしまった方には、必ず慰謝料というものが発生します。
交通事故が原因で経済状況・生活環境に問題が生じることがあり、
それを補うためにお支払いされるものです。

具体的な算定としては
総治療日数(初診日から最終来院日)×4200円または
(実通院日数×2)×4200円 どちらか少ない方となります。

治療期間について

平均的な治療期間は3カ月~4カ月。
これはけがの程度や事故の種類によっても異なります。
比較的早い段階で痛みは減少してきますが、後々まで痛みがでる後遺症に
なりやすい特徴もありますので、しっかり治すことが重要です。

このページの先頭へ