ぎっくり腰になったときには・・・対処法

ぎっくり腰になったら「安静にする?」それとも「動いてもいい?」

ぎっくり腰
 重い荷物を持ち上げようとした時、急に腰に痛みが走ることがあります。このように突然襲ってくる腰痛のことを「ぎっくり腰」と呼びますが、ぎっくり腰に見舞われた時、皆さんはどうしますか?
「横になって安静にした方がいいのか?」それとも「ある程度動いた方がいいのか?」迷っしまいますよね。
 そこで今回は「ぎっくり腰になった時の問題点や対処法」お話させていただきます。

ぎっくり腰の問題点とは?
 ぎっくり腰は痛みのほかにもうひとつ問題点があります。それは痛みが恐怖心や不安感に結びつきやすいということです。
 一度ぎっくり腰になると、「もうあの痛みは経験したくない!」と思って腰をかばうようになってしまいます。その結果、体を動かさない生活になってしまいます。実は、この体を動かさない行為が腰の回復を遅らせている場合があります。

ぎっくり腰の正しい対処法は?
 ぎっくり腰になった後の”対処法”をご紹介します。冷却・安静・固定が最重要です。まずは保冷剤で15分冷やし、時間を空けてまた冷やします。これを3回し、2日間続けて行います。その後歩けるようになったら軽くストレッチです。ぎっくり腰になったときはご相談くださいね!!

ぎっくり腰の時は「ゆっくり横にして安静」が一番回復が早いです。

普段の生活で気をつけることは?
 ぎっくり腰予防には、普段の生活の中で次のようなことを気をつけましょう。
●座りっぱなし、立ちっぱなしが多い人は、なるべく同じ姿勢は避けましょう。
●前かがみの姿勢をとらないように注意しましょう。
●荷物を持ち上げる時は、離れた場所から手を伸ばして持ち上げるのではなく、
 荷物に体を近づけて持ち上げましょう。
●イスに座る時は、背もたれに腰が当たるまで深く腰を掛ける。
●急に体を伸ばしたり腰をひねったりしない。ストレッチをする際もゆっくり行い
 ましょう。
●靴はウォーキングシューズや中敷きの厚いものを履き、腰への負担を軽くする。

ぎっくり腰を早く回復させるコツは「体を動かすとまた腰を痛めるに違いない…」といった思い込みを捨てることです。

普段から体操や運動をして筋肉の疲労回復と柔軟性を保つように心掛けてくださいね!!

お盆休み

誠に勝手ながらお盆は上記の通りお休みさせていただきます。

体調の悪い方、肩こり、頭痛、腰痛にお悩みの方、キャンセル待ちになりますのでお早めにお電話してください。

11日(金)・15日(火)は6時終了となってます。お間違えのないようにしてください

0480-24-3203

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初めての方に限り、加圧トレーニング・整体が

初回限定¥2980円で体験できます。

肩こり・頭痛・ダイエットでお困りの方

お電話お待ちしております。

加圧トレーニング・整体は完全予約制となっております。

✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩

  [久喜市の整骨院] 整体・マッサージ師も通う「関口接骨院」

  TEL 0480-24-3203

  診療時間

 月・火・木・金  9時~12時  15時~20時

 水・土    9時~20時(整体・加圧トレーニング・完全予約制)

    

 

  関口接骨院  fecebookページはこちら

  https://www.facebook.com/sekiguchi.sekkotsuin

 

  関口接骨院 クチコミサイト エキテンはこちら

  http://www.ekiten.jp/shop_6015918/

 

  加圧トレーニングとは?

       http://www.kaatsu.com/about/theory.html

 

  肩こり・首こり専門治療・整体はこちら

   http://tss-no1.com/category1/syoujou2/

 

   「ジコテン!」全国優良認定院ページはこちら

  http://www.jikoten.jp/certified/chiryo_00220.html

 

   「ホームページを見て・・・・」とお電話ください。

✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩✩

コメントを残す

このページの先頭へ